貸事務所やレンタルオフィスを活用~企業イメージアップ法~

オフィス

シェアタイプもある

オペレーター

レンタルオフィスサービスを上手に利用することにより、費用の削減しながらの事務スペースの確保など、ニーズに応じた選択を行なうことが可能になります。 ひとくちにレンタルオフィスと言っても、昨今では様々なタイプが登場し、注目を集めています。 一般的によく知られているレンタルオフィスとしては、一定の広さに区切られている部屋タイプになります。 しかし最近では、広めのスペースに長テーブルやベンチ、あるいはカフェのように小さなテーブルが点在していると言う、シェアタイプのレンタルオフィスも登場しています。 シェアタイプのレンタルオフィスは、契約することにより共有スペースを自由に利用することが出来る点が、人気を集める理由になります。

様々な業種の人達と、自然に接点持つことが出来ることから、業務上の繋がりを作りたい場合などに適しているオフィスと言えます。 一方、従来型のレンタルオフィスは、事務所としての体裁をコストを抑えつつ整えることが出来る点が、最大の利点と言えます。 近年の起業ブームにより、個人で仕事を請け負ったものの、自宅と仕事場は分けておきたい、などと言った理由でレンタルオフィスが利用されるケースがあります。 また、法人での利用の場合は、プロジェクトなどによる短期間の事務スペースの確保という理由で利用されるケースが多くなります。 レンタルオフィスの特徴の一つとして、知名度のあるエリアで安価で事務所を構えることが出来る点もあります。